2014年11月 – ページ 3 – ブログアクセスアップノウハウ(無料)

ブログアクセスアップノウハウ(無料) » アーカイブ

中川翔子のプロフィール

読了までの目安時間:約 4分

中川翔子の本名は実は違うんですね。
タレント中川翔子の本名は、中側薔子だったことを、先日彼女のプロフィールを見ていて、初めて知りました。
しかもしかも、戸籍には感じではなくひらがなで、それも「しょうこ」ではなく、「しようこ」と登録されているとか・・・。
これは、中川翔子さんが産まれた頃は、まだ薔という字を名前に使う事が認められていなかった事が原因だそうですね。
そこで、区役所へ出生届を出しにいった叔母さんがひらがなで「しょうこ」と書いたところ、「しようこ」と読み違えられそのままになっているようです。
ではでは、どうして翔子という字を使って、中川翔子という芸名を付けたのか、不思議だと思いませんか。
もともと親が中側薔子としたかったのであれば、それを芸名にすれば定着したかも知れないのにね。
それに、戸籍そのまま中側しようこというのもインパクトがあって、中川翔子さんらしいような気がします。
にも関わらず、あえて翔子という芸名にしたのは、100パーセント彼女自身の意志と考えに基づくものだったようです。
どうやら、大好きな漫画家、楳図かずおのヒット作品「漂流教室」の主人公、高松翔の翔の字を頂戴して、中川翔子としたとの事でした。
中川翔子というと、かなり個性的なイメージが強いような気がしますが、プロフィールは、案外普通なんですよね。
中川翔子さんのプロフィールによると、身長156.5センチ、体重42キロ。
やや細身ではありますが、特別背が高い訳でもなければ、特別ちっちゃくって可愛いキャラクターサイズという訳でもありません。
それに、中川翔子さんの正確からいうと、余りいない特殊なAB型のような気もしますが、実際の血液型はA型と、こちらもまた至って普通です。
因みに、公開されているスリーサイズは、バスト84センチ、ウエスト58センチ、ヒップ84センチ。
ただし、あるテレビ番組で実際に中川翔子さんのスリーサイズを測定したところ、プロフィールの数字よりも胸は小さく、下半身は太めだった事が明らかになっています。
それも、その時の数字では、バスト80センチ、ウエスト66センチ、ヒップ90センチと、誤差が結構ですよね。
中川翔子さん本人に言わせると、測る時の服装や下着が違ったからだとの話でしたが、果たして、それだけの理由でこの差は説明出来るものなのでしょうか。
中川翔子さんとそのお父さんの中川勝彦さんは、生まれも育ちも東京、つまり、プロフィールだけで言えば、バリバリの江戸っ子という事になります。
でも、正直、中川翔子さんを見ていると、江戸っ子も随分変わったなぁっと思いますね。
今や東京育ちの東京生まれというのは、ちゃきちゃきの江戸っ子ではなく、チャラチャラ野シティーっ子だと以前どこかで聞いた事があります。
中川翔子さんを見ていると、まさにその通りだとは思いますが、あのチャラチャラが彼女の立派な個性になっているんだから、それはそれでいいのでしょう。
あそこまで自分を自由自在にアピール出来れば、立派な江戸っ子魂は十分持ち合わせていると私は思いますね。
タレント中川翔子さんのプロフィール、見ていると中々面白いです。
勿論、今や1日2万人以上もの人が読んでいると言われているしょこたんのブログもいいでしょう。
とにかく、中川翔子なんて・・・、とかっていう方も、是非ブログやサイトで、彼女の素顔をのぞいてみられると、少しは印象も変わるかも知れませんね。

中川翔子とは

読了までの目安時間:約 4分

中川翔子って、ちょっと変わってるよね、中川翔子って、ちょっと苦手かも・・・。
そんな風に見られる事もあるタレントの中川翔子さんですが、私は結構賢い子なんじゃないかと思います。
事実、彼女は、あの「青年よ、大志を抱け!」でおなじみのクラーク博士の教え子で、日本における鮭・鱒孵化事業の第一人者、伊藤一隆の子孫なんですよね。
中川翔子のお母さんのお母さん、つまり、おばあちゃんが伊藤一隆氏の孫にあたるそうですよ。
因みに、しょこたんの父親は、もう亡くなられてますが、1980年代に大ブレイクしたアーティスト、中川勝彦さんです。
中川翔子のマルチタレントぶりは、どことなく父親によく似ています。
歌手として、女優として、司会者として、グラビアアイドルとして、声優として、父親と同様、大活躍ですね。
中川翔子と言えば、アニメオタクというイメージが強いかと思いますが、彼女があそこまでアニメに詳しくなったのは、中学校時代に虐められっ子だったからなのかも知れません。
とにかく、友達が一人もいなくて、自然にオタクになっていってしまったようです。
でも、生物学に関してはかなり勉強しているみたいだし、やっぱ中川翔子って、すごい子だと私は思いますね。
中川翔子さんは二世タレントですが、決して親の七光りでトップアイドルの座をゲットしたのではないところが、中川翔子さんのすごいところだと思います。
だって、父親の中川勝彦さんは全く知らないと言う中川翔子さんファンも多いですからね。
ただ、個人的には、どことなくオタクのパワーがスゴすぎて、ちょっと馴染めない部分もなくはありません。
と言うより、多分、中川翔子さんの奇想天外ぶりに付いて行けないんでしょうね、この年になると・・・。
あの和田アキ子さんですらもたじたじ、文句を言いながらも、言いなりにされちゃう位ですから、すごいでしょう。
その辺り、中川翔子さんがただ者ではないという事は認めざるを得ないと思いますね。
それに、厳しい芸能界で、あすこまで好き放題に自分をアピール出来ると言うのも大したものです。
中川翔子さんのブログは、今や人気ナンバーワンのタレントブログです。
そのアクセス数もすごいけど、更新頻度もすごくて、1日に何十回も更新されるんですよね。
そして、その度に読者はアクセスする訳で、中川翔子さんのブログの読者軒数がアップするのは、ある意味納得です。
中川翔子さんと言えば、コスプレ、とにかく、中川翔子さんのアニメオタクぶりは並ではありません。
また、中川翔子さんのアニメに関する知識もものすごいものですよね。
それに、アーティストとしての才能もあって、まず、絵がとっても上手です。
それから、歌手中川翔子として見ても、歌唱力はしっかりしています。
という事で、正真正銘のマルチタレント、ちょっと変だけど、それも個性として見てもらえるからこそ、指示も集まるのでしょう。
後は、私たち中高年世代が、あの中川翔子さんのキャラクターを受け入れられるかどうかなんですよね。
私もね、今はどちらかと言うと苦手なんだけど、食わず嫌いはいけません。
少しは中川翔子さんを理解しようと思って、結構努力しているんですよ。
知れば知るほど、訳分かんなくなる部分もあるにはあるんだけど、知れば知るほど、面白い子だなぁっと思って、関心は徐々に深まっています。
という事で、彼女自身のブログだけでなく、エンタメ関連のいろいろなブログやサイトから、中川翔子さんに関する情報を収拾している今日この頃です。

しずるのプロフィール

読了までの目安時間:約 3分

しずるを知っているという方を探すよりも、知らないという方を探す事の方が難しくなってきたのではないでしょうか。
テレビで見掛ける機会も増え、しずるがどんなネタをしているかは動画サイトからも簡単にチェックできますからね。
しずるは特に若い層から支持されているように思いますが、やはりこれは特徴的なコントの影響が大きいのでしょうか。
もちろん、大人でも十分楽しめるからこその人気です。
まだしずるのコントを見たことがないという方は、手軽な手段としては動画サイトからチェックしてみると良いでしょう。
好きな時間にしずる
のネタを楽しむことが出来ますよ。
既にしずる
のネタは一通りチェックし終えたという方も、改めて見ることで新しい発見があるかもしれませんよ。
しずる
も色々なメディアで取り上げられるようになり、プロフィールや面白い逸話も広く知られるようになってきましたね。
さて、普段からお笑い好きで通っている方ならば雑誌でもしずる

しずる
の情報を確認しているのではないでしょうか。
しずるというよりお笑い芸人を取り上げた雑誌ですが、読んだことはあるでしょうか。
吉本に所属しているという事と今話題の芸人ということで、お笑い系の雑誌があれば高確率でしずるの記事を見つけられるように思います。
雑誌でしずるをチェックするのなら、お笑い男子校というものがお勧めかも知れません。
しずるの池田と村上の二人がそれぞれ、生徒会長と副会長を勤めているので多く楽しみたい方には丁度良いでしょう。
他にもマンスリーよしもとやお笑いポポロといった雑誌をチェックしてみれば、しずる以外のお笑い芸人もたくさん知ることが出来るでしょう。
インターネットで情報は何でも手に入ってしまう時代ですが、雑誌ならではの魅力にふれながらしずるを知るのも悪くないですよ。
しずるに関する情報も、すっかり増えてきましたね。
関連する情報が増えたということは、つまりそれだけしずるが世間的に認知され求められつつあるという事です。
今はまだ出演するテレビ番組も限定されているように見えますが、今後しずるが数多くの番組に出演することは十分考えられます。
しずるは現時点でもネタに笑いながら、今後の成長にも期待ができるコンビといっても過言ではないでしょう。
その証拠、というと大げさかもしれませんが10代を中心にしずるには数多くのファンが既に付いていますからね。
雑誌を読めばしずるの情報が簡単にチェックできますが、まずはブログやサイトからというのも方法の一つとしては悪くないでしょう。

しずる出演のおはスタ

読了までの目安時間:約 3分

しずるのファンという方も、すっかり増えてきたのではないでしょうか。
特に若い世代から、かなり支持されているように思います。
お笑い芸人が次から次へと吐き出されてくる時期が過ぎた今、しずるのように残った芸人には確かな力があるという事なのでしょう。
名前は何となく聞いたことがあるけどしずるのネタを見たことがない、という方は一度テレビなり動画なりで見てみることをお勧めします。
かなり手軽に、チェックできますよ。
そして、自分の目で見て感性で確かめる事によって、しずるが評価されている意味が改めて分かってくるかと思います。
テレビのレギュラー番組を何本か持っており、意識すればしずるをチェックする事はそれ程難しくありません。
しずるは、お笑い芸人としてはテレビのレギュラー放送に恵まれていると言えるのではないでしょうか。
いわゆる芸人主体となっている番組への出演は、しずるの出演していた番組自体が終わってしまったため現在ではありません。
ただ、枠としてゴールデンと呼ばれる時間と子供が観る番組のレギュラーを持っている事はしずるの強みと言えます。
特に子供向け番組は、強い影響力を持っていますからね。
因みに、しずるの出演している子供向け番組というのはおはスタなのですがご存知でしょうか。
お家芸をすっかり奪われてしまった感はありますが、おっはーというキャッチーな挨拶が注目されもしたおはスタにしずるが出演しているのです。
かなり朝早い時間帯な上に子供向けという点は兎も角、しずるをテレビで確認できる貴重な番組なのでおはスタをチェックしてみませんか。
しずるが今後お笑い芸人としてどんな成長をしていくか、という事に注目している方も多いのではないでしょうか。
ブレイクしてある程度の位置にまで来たとは言え、しずるの二人はまだ若く芸人として完成したとは言い難いでしょう。
一気にブレイクすると急降下していく事も多いお笑いという世界のなかで、今の勢いをしずるがどう保っていくのか気になるところです。
独創的なコントで注目を集めたとは言っても、いつまでも同じパターンの繰り返しではしずる
人気も長続きしないかもしれません。
一発屋と呼ばれるのか本格派と呼ばれるかのまさに境界線に立っているしずるには、頑張って本格派と呼ばれる方へ走っていって欲しいですね。
今後、バラエティの大きな番組へ出演する機会が増えてくる事が考えられます。
今からブログやサイトを利用して、しずるの情報を収集しておくと良いでしょう。

しずるの動画

読了までの目安時間:約 3分

しずるというのはお笑い芸人です。
池田一真と村上純という二人によって構成されているお笑いコンビです。
今はすっかりお笑いブームは終息したなどと言われていますが、しずるのように力のある芸人は次々出てきています。
しずると同じ世代として比べられる事の多い芸人には、ジャルジャルやフルーツポンチ、はんにゃ辺りでしょうか。
しずるについては知らなかったという方も、ひょっとするとこの中の誰かは知っているのではないでしょうか。
最低でも、名前くらいは聞いたことがあるかと思います。
テレビを一切見ずに生活しているというのであれば難しいですが、逆に言えばそれさえクリアしていればしずるの名前を耳にする機会は多いのです。
名前を多く耳にする機会があるという事は、現時点でそれだけ注目されている事になるのでしずるをチェックしておいて損はないでしょう。
しずるもすっかり人気お笑い芸人として位置付けられてきましたね。
いわゆる一発屋的な芸人とは違い、コントで見せる独特の世界観は今後の長い活躍を予感させています。
一発屋芸人がそれっきりという訳ではなくテレビ外での仕事を主としているようですが、しずるには活動を気軽にチェックできるようテレビの世界で頑張って欲しいものです。
お笑いのライブに足を運ぶというのは、ファン以上である事が求められるでしょう。
しずるのファンにならないという意味ではなく、テレビでチェックできるなら面白さも簡単に伝わりますからね。
テレビ以外にも、最近では動画サイトからしずるのネタを楽しむ事が出来るようです。
実は、まだしずるの事をよく知らない、名前だけは聞いたことがあるという人はまず動画で確認してみると良いかもしれません。
テレビ出演に時間を合わせるのは難しいかもしれませんが、動画サイトを活用すれば好きな時間にしずるのネタを楽しむことが出来るでしょう。
しずると言えば、漫才よりもコントネタがメインになっています。
それを証明するように、という訳ではありませんがしずるはコント日本一を決めるキングオブコントという大会で過去に上位入賞を果たしています。
コント主体という事で好き嫌いは分かれそうですが、しずるのコントは一見の価値ありですよ。
本格的にしずるのコントを楽しむならライブへ足を運び、まずは気軽にチェックしたいならテレビ番組や動画サイトを利用すれば良いでしょう。
しずるの出演するライブ情報やテレビの情報については、ブログやサイトから簡単にチェックすることが出来ます。

しずるとキングオブコント

読了までの目安時間:約 3分

しずるについて、お笑い番組やバラエティ番組が好きな方であればほとんどが把握しているのではないでしょうか。
普段はニュースやスポーツ以外テレビを観ないんだ、という方ももしかすると何らかの媒体を介してしずるの名前を耳にしているかもしれません。
それ程までに、今イチオシとされるお笑い芸人なのです。
改編によって出演していたバラエティ番組の本数が減ってしまったものの、しずるの姿はまだまだテレビで見る事が可能です。
しずるの事を知らないという方にいきなりライブを勧めるのはハードルが高いと思うので、まずはテレビ番組からチェックしてみると良いでしょう。
テレビ番組なら録画することも出来、開いた時間にサクっとしずるの事をチェックできますよ。
しずるが人気沸騰中のお笑いコンビである事は分かりましたが、では肝心の実力は如何なものでしょう。
幾ら人気が高いとは言え、笑えない漫才やコントばかりでは話になりません。
無論、その心配は杞憂です。
しずるの実力を証明するものとして、キングオブコントという大会があります。
名前だけなら聞いたことがあるという方も多いでしょう。
毎年年末に開催されるエムワングランプリに対抗したコント大会とも言われ、つまり規模が大きいのですが、その大会でしずるは確かな実績を残しています。
まだキングオブコントで優勝経験はないものの、過去には3位と6位という上位成績を残しておりしずるの実力を証明するには十分でしょう。
コンビとして主にコントを作っているのでしずるのネタがコント主体になっているのはやむを得ませんが、いつかは漫才も見てみたいと思うのは私だけでしょうか。
実際には、今ほど注目される少し前にしずるとして漫才を行っていた経験があるようです。
しずるを全く知らない、キングオブコントも何のことだかサッパリ分からないという方はいるでしょうか。
いないとは、言い切れませんね。
別に知らない事が悪いのではなく、知らないのなら今からしずるについて少しだけでも知ってみては如何でしょうかという話です。
次世代のお笑い芸人として、しずるはチェックしておいて損のない芸人ですよ。
コンビ結成はお笑いブーム真っ只中の頃で、ちょうど芸人が増えてきた頃ですね。
こう言うとハズレが多いように聞こえるかもしれませんが、しずるにおいては杞憂となるでしょう。
まずはテレビ番組から、気軽にしずるをチェックしてみては如何でしょう。
その次には、または最初にでも良いのですがブログやサイトからしずるについての情報を併せてチェックしてみることをお勧めします。

しずるの池田一真

読了までの目安時間:約 3分

しずるのファンという方が、かなり増えてきているように思います。
次世代のお笑い芸人というカテゴリーで言えば、しずるの他にジャルジャルやフルーツポンチあたりが頻繁にファンという声を聞きますね。
今はもう終わってしまった番組ですが、しずるなどがよく出ておりここをキッカケとした方も多いのではないでしょうか。
独特な、今までにありそうでなかったコントがしずるの特徴であり魅力と答える方も多いでしょう。
お笑いブームと言われた頃に比べれば落ち着いた感は否めないものの、しずるのように多くの人気を得るお笑いコンビも確かに存在しています。
今まではあまり興味がなかったという方も、騙されたと思ってしずるのコントや漫才をチェックしてみては如何でしょうか。
考えを一変させて、しずるの大ファンとなってしまうかもしれませんよ。
しずるの来歴は、かなりオープンにされています。
誰でも簡単にチェックできますよ。
改めて確認してみると、しずるは村上純と池田一真の二人で構成しています。
池田は主にツッコミを担当している方であり、ボサッとした短髪の方と言えば分かりやすいのでしょうか。
因みに池田と村上は東京NSCという学校の同期生であり、ここでの出会いが今のしずるを作ったのです。
そして、この東京NSC時代に一度は組んだしずるというお笑いコンビを解散してしまう逸話は有名ですね。
もちろん解散してそのままではなく、再結成を果たしているから今のしずるは存在しています。
あまり意識する機会はないかもしれませんが、しずる内では池田の方が年下になっています。
コンビ内での年齢というのは、外から思っている以上に大きな意味を持っているようです。
ただ、しずるは一度解散してから再結成という過去を持っているのでコンビ内でのイザコザはそれ程心配がいかもしれません。
しずるについて、少し詳しくチェックする気になってきませんか。
しずるというお笑いコンビとして、或いは村上純や池田一真単体での逸話などもチェックしてみると面白いですよ。
二人ともブログを開設しているので、まずはそちらから押さえてしずるに触れてみるという手もあります。
或いは、それらを全てすっ飛ばしていきなりしずるのライブを観に行くというのも一つの方法ですね。
細かい話より、まずは笑いの腕前だろうという事です。
しずるに関する情報は、言ってしまえばいつでも手に入りますからね。
ちょっと気になった、という時にブログやサイトをうまく使いしずるの事を知っていけば良いでしょう。

最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    メタ情報