ホーム » 繰上げ返済 » 繰上げ返済とは

繰上げ返済とは

読了までの目安時間:約 3分

繰上げ返済とは、ローンを支払っている最中に、返済を前倒しする方法になります。
要は余剰資金ができた時にローンの支払いを少しでも楽にするために繰上げ返済をするのです。
ローンを借りて3年経過した時に、100万円の貯金ができたような場合、繰上げ返済でそのお金をローン返済に回すことができます。
繰上げ返済というのは、まさに初期の段階で行うほど、その効果は絶大です。
このように、繰上げ返済は、ローンの支払いの負担を軽減するには、とても有効です。
繰上げ返済には、期間を縮めることができる期間短縮方式と支払額を減らす効果のある再計算方式というものがあります。
住宅ローンの繰上げ返済では、返済期日の前に、まとまった金額を返済して、ローンの元金を減らすことが目的になります。


繰上げ返済で得られる効果は、元金がその分減ることになるので、利息を支払わなくて済むようになり、ローン全体の総返済額を減らすことができます。
ただ、一度繰上げ返済をすると、その資金は戻ってこないので注意が必要です。
要するに、まとまった資金が手元に集まったからといって、全てのお金を繰上げ返済に回すというのは無謀です。
全てを繰上げ返済に充当するのではなく、教育費などにも回して、ある程度の資金を残しておくことも大切です。
繰上げ返済をするに当たっては、こうした色んなことを考慮して行う必要があります。
手間や手数料、そして軽減利息などもよく考慮して、繰上げ返済を決めることです。
繰上げ返済は、やはり毎月の負担を軽減するには、非常に有効な手段と言えます。
インターネットの場合、繰上げ返済の手数料が割引になるものがあったり、1万円から無料でできる銀行なども登場しています。
色んな特典を付けている銀行もあるので、賢く損をしないように利用することです。
住宅ローンを借りた場合、その住宅ローンが借りっぱなしの状態では大変で、繰上げ返済を活用することをおすすめします。
ローンを組む際には、将来のことを見極めるのは中々難しいものです。
住宅ローンを借りる時に、無理なく返済できる額を設定するのは難しいもので、繰上げ返済は、そうした時にとても便利な手段と言っていいでしょう。
長期間に及ぶ住宅ローンの返済というのは、途中で勤務先の破綻やリストラなど何があるかわかりません。
そうした予想のつかない出来事に対処するためにも、繰上げ返済を大いに利用しましょう。
繰上げ返済は、不測の事態に備えることができる有効な手段なのです。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報