ブログアクセスアップノウハウ(無料) » 向井理 » 

向井理の公式ブログ

読了までの目安時間:約 4分

向井理さん自身が更新している向井理さんの公式ブログ「The Laboratory」、皆さんはご覧になった事がありますか。
実は、そのThe Laboratoryの中で、8月15日の夜に向井理さんが掲載した「幸せ」という記事が、今ちょっと問題になっています。
8月15日と言えば、言わずと知られた終戦記念日、日本がポツダム宣言を受諾した日です。
この日の向井理さんのブログも、「今日は日本がポツダム宣言を受諾して65年の日」という一説から始まります。
そして、「国の責任者が靖国神社に参拝するのは、当然の義務じゃないのか」と書かれています。
じつはこれ、その前夜に放送された終戦記念ドラマ「帰国」の中で、向井理さんが演じた元美大生の台詞の一部なのです。
ドラマ「帰国」は倉本聰さんの原作で、65年前に沖縄周辺の海で戦死した兵士たちの英霊が、現在の東京にやって来るというSF作品です。
このドラマの中で、向井理さんが演じたのは、美術学校を卒業した後、故郷に帰り、結婚した物の、僅か新婚3日目に召集令状が届き、後に戦死した少尉。
初めて靖国神社でロケが行なわれたテレビドラマとして、大きな話題を呼びました。
では、何故、そのドラマに出演した向井理さんの言動が問題視されたのでしょう。
向井理さんは、向井理さんの公式ブログの中で、このドラマの撮影に当たり、事前に靖国神社を参拝した事を明らかにしました。
すると、靖国参拝した日本の向井理、国内ファン非難広まるというニュースが、海の向こう韓国から届いたのです。
まあもっとも、批判をしている人たちの多くはネチズンと呼ばれる特別なまでのインターネットマニアだったそうですけどね。
とは言え、今や韓国でも大人気の日本人俳優向井理さん、現地でのファンも多かっただけに、また1人、非好感芸能人誕生などとも騒がれているようです。
中には、日本は終戦を迎えたのではなく、敗戦を迎えたのだとか、ちゃんと戦争について習っていないやつだとか、関心のあるふりをしているだけなどという声も多数あります。
今回のこの向井理さんのブログ、私も読みましたが、どうなんでしょう。
まあ、今の時代に生まれ育った自分は幸せであるということが最終的には長々と語られていますからね。
終戦の日に向井理さん位の若い人が書いたブログとしては、一般的なものではないのでしょうか。
向井理さんに限らず、自分のブログに自分の普段の行動や言動を書くのは当たり前の事なのですが、向井理さん位有名になると、それもちょっと難しいのかなぁ。
私も時々向井理さんのブログは拝読しているのですが、はっきり言って、別段文章がうまいとか、切り口が面白いと感じる事は殆どありません。
時より誤字もあるし、ちょっと妙な言い回しを平気で使って居る事もあります。
ただ、飾らないブログ、それにファンとの交流を大事にしようとしている向井理さんの素顔は出ている用な気がしますね。
さて、今回の韓国ネチズンとの一件、皆さんは、どう思われるでしょうか。
まずは向井理さんのこのブログ記事をじっくり読んだ上で、是非考えてみて下さい。
因みに、今年の8月15日、菅内閣は、見事なまでに全員靖国神社を参拝しませんでした。
にも関わらず、靖国神社を参拝した向井理さんは偉いのか、偉くないのか、その辺り、結構いろいろなブログやサイトに情報掲載されていますから、読んでみると面白いかも。

向井理に似合うメガネ

読了までの目安時間:約 4分

向井理さんと言えば、メガネ男子という言葉を流行らせた俳優の1人ですが、実は向井理さん、すごく視力はいいんだそうですね。
従って、向井理さんがドラマの中でかけているメガネは、全てだてメガネのようです。
子供の頃から視力2.0だったらしき事を、自身のブログの中で語っていました。
でも、視力2.0もあれば、いち早く老眼になる確率大ですから、近い将来、もしかしたら本物の度入りメガネをかけた向井理さんが見られるようになるかも知れません。
そして、そのメガネは、どんなにカッコよくても、ズバリ老眼鏡なのであります。
実は私、つい最近まで放送していたゲゲゲの女房というドラマのなかで向井理さんがかけていたのとそっくりなメガネを、近所のホームセンターで見付けました。
そのメガネは老眼鏡で、あのドラマを見ていたらしき老夫婦のご主人が、ためらいながらも購入しようとしていらっしゃいました。
奥さんの方が一生懸命勧めている様子だったので、もしかしたら、あの奥様、向井理さんふぁんなのかも・・・。
まあもっとも、昭和30年代というあのドラマの時代背景を考えると、今のようなしゃれたデザインのメガネがある訳ないでしょう。
例えもしあったとしても、貧乏のどん底暮らしをしていた向井理さん演じる水木しげるがかけていたら不思議ですよね。
向井理さんの大ファンだという女性が、向井理さんがかけていたメガネですなどと言って、ネットオークションにノンブランドのメガネを出品していました。
確かに、その黒口のメガネは、ドラマ「ハチミツとクローバー」の中で、向井理さんがかけていたのとそっくりではあります。
そのせいか、そこそこいい希望価格を提示してありましたが、よく見ると、ちょっと、いえいえ、かなり違うような気がします。
実際にあの時向井理さんがかけていたのと本当に同じではないかと思うメガネも、ネット上で見付ける事は出来ました。
ただ、それはある眼鏡屋さんが出していた商品で、それこそ安くはなかったし、限定10個の入荷だという事でした。
そんなこんなを考えると、ゲゲゲの女房の中で向井理さんがかけているのとおなじようなメガネが、ホームセンターで入手出来るのは案外お得かも知れませんよ。
あれが老眼鏡じゃなかったら、ウケ狙いに一つ買っておいてもいいんですけどね。
因みに、そちらの向井理さんがかけていたのとそっくりなデザインの老眼鏡のお値段は、3,980円でした。
向井理さんという日との顔と名前は、今ではすっかり知れ渡り、向井理イコール、イケメンメガネ男子という印象が強く根付きつつあります。
というのも、やはり向井理さんが本格的に知名度を上げたのは、フジテレビの「ハチミツとクローバー」が大きなきっかけになっている事に他ならないからでしょう。
もともと大人気コミックの実写ドラマ化という事で、月9にならなかったのが不思議な位の注目作品でしたからね。
当時、成海璃子さん演じた主人公のワンピースと、向井理さんのかけていたメガネを探すのが、ちょっとしたブームにもなっていたのを覚えて居ます。
まあ、あれだけのイケメンで、スタイブも抜群、おまけに知的面でも申し分のない男性がメガネをかければ、そりゃあ似合うでしょう。
向井理さんのメガネに関する情報は、結構いろんなブログやサイトで取り上げられていますから、あやかりたい男性は、ちょっくら検索してみられてはいかがでしょうか。

向井理出演の映画・BECK

読了までの目安時間:約 4分

向井理ファンの女性が急増している中、その向井理さんが出演している映画「BECK」が公開されました。
この映画は、向井理さんをはじめ、水嶋ヒロさん、佐藤健さん、桐谷健太さん、中村蒼さんと、今をときめくイケメン男子がズラリと勢揃いしています。
しかも、彼らは同じバンドのバンドマンとして一緒に舞台に立つ訳ですから、特にライブのシーンは20代・30代の女性が注目するのは間違いないですよね。
ところが、最近は朝の連ドラの影響が高いのか、向井理さんに限り、中高年の女性ファンガ急増していると言います。
確かに、とてもインテリで、クールなイメージがありますからね。
どういうんだろう、向井理さんの場合は、草食系男子のイケメンぶりと肉食系男子のインパクトがうまく兼ね合ってるっていう感じかなぁ。
とにかく、ただ優しさだけを求める現代の若い女性より、どちらかというと、酸いも甘いも知ったおば様向けの部分も持ち合わせているのかも知れませんね。
でも、この映画は大人気コミックを原作とした音楽映画でしょう。
いくら向井理さんの熱狂的なファンだとはいえ、中高年のおば様族が、心から楽しめるのだろうかと少々心配にはなってしまいます。
向井理さんだって、バンドマンという役柄、仕方がないのですが、これまでの向井理さんのイメージとは少しことなる一面も見せています。
向井理さん自身も、もう二度とこんなスタイルの自分を見せる事はないだろうというような事を言っています。
それもそのはず、何しろ金髪に上半身裸でベースを演奏しているわけですからね。
ついこの間まで若き日の水木しげるを演じていた向井理さんとは似ても似つきません。
ですから、若い女性にはたまらないし、ライブシーンのとてもリアルな映画という事で、若い男性も大いに楽しめる事でしょう。
勿論カップルで見に行くのも大いにありだとは思いますが、最近向井理さんファンになったばかりのお母さんを連れて行く時は、ちょっと気を付けて下さいね。
それなりの説明は事前にちゃんとしておいて上げた方がいいと思います。
ただ、あのスタイルの向井理さんを受け入れられるおば様は、本当に身も心も若い素敵なおば様だと私は思いますね。
そしてそして、映画BECKを家族揃って楽しめる仲良しファミリーは、ほんと最高の元気ファミリーですよ。
きっと、向井理さんも大喜びされるのではないでしょうか。
向井理さん本人がやっている向井理オフィシャルブログ「The Laboratory」というのがあります。
この公式ブログの中でも、当然の事ながら、向井理さんはこの映画「BECK」について、熱く語っています。
実はこの映画、昨年の夏撮影されたらしく、みんな必死で楽器の猛練習に勤しんだそうですよ。
向井理さんなんか、まるまる一夏を掛けたと言い切っていましたから、恐らくベースの腕前もかなり上がった事でしょう。
その辺りも含めて、演技だけでなくライブシーンの演奏も見逃せない映画ですね。
勿論、話題の作品ですから、向井理さん本人のブログだけでなく、いろいろな人がいろいろなブログやサイトに情報掲載しています。
実際に映画を見た人の感想も、そろそろ沢山登場して来ていますね。
注目の若手俳優向井理さんが活躍する注目の映画「BECK」、いろいろなブログやサイトを読めば読むほど、是非とも劇場に足を運びたくなってしまいます。

向井理の画像集
向井理の画像集

読了までの目安時間:約 4分

向井理の熱狂的なファンをやっている友達がいて、向井理の画像をいっぱい集めているんですよ。
それも、向井理が出演しているテレビCMとかドラマとか、バラエティーやワイドショーの画像まで、全てDVDに録画して残しているんです。
そんなのファンなら当たり前、みんなやってるよって思われるかも知れませんが、彼女の場合は、ちょっと特別なんですよね。
ユーチューブの中の向井理関連の画像とかも、わざわざビデオカメラで撮って、それをDVDにダビングしているんですよ。
よくやるなぁっていつも感心して見ているんだけど、本当にすごいのはこれから。
例えば、ドラマなんかだと、向井理の出てる場面だけを繋ぎ合わせたオリジナルのDVDを作っているんです。
勿論、画像中心の編集だから、台詞とか、バックの音楽なんてお構いなし。
ちぐはぐで、とてもじゃないけど、向井理マニアじゃない私たちが見られた画像ではありません。
でも、いつも言えに遊びに行くと、無理遣り見せられるんです、取り敢えず音声をオフにしてね。
それでも、せっかくの向井理のカッコ良さが、逆に半減しちゃっているのは確かだと思うのは私だけじゃないみたいです。
向井理さんの画像ばかりを集めた向井理画像集というのを作っているファンは、多分他にも沢山いると思います。
ネットの中でも、オリジナルの向井理画像州を公開している人、大勢いますもんね。
ただ、彼女のようなとんでもないちぐはぐ画像を見て満足している日とは少ないようです。
少なくとも、ああいう向井理画像集は、ちょっと見掛けないですね。
本人曰く、そこまでこまめに編集出来なかったら本当のファンじゃないらしんだけど、さてさて、それはどうでしょう。
向井理に熱中する位、就活にも熱中して欲しいと、お父さんとお母さんは嘆いています。
何しろ、今年で就職浪人2年目、もっかバイともなくて、完全なプー子ちゃん状態だから、ご両親のお気持ちはよく解ります。
そこまで向井理の事を考えられるんだったら、少しは親の事も考えなさいよねって言いたい気分ですね。
まあ、私も貧乏OLだから、余り偉そうな事を言えた義理ではないんだけど・・・。
さてさて、皆さんは、こんな超マニアックな向井理ファンをどう思われますか。
向井理のファンというより、もう向井理オタクっていった感じでしょう。
そう、オタクなんですよオタク、だから、あそこまで細かく向井理の画像編集が出来るのだろうと思います。
勿論、それは彼女の趣味だし、彼女自身がそれで楽しんでいるのであれば悪いとは言いませんよ。
でもお願い、あなたの向井理画像の観賞に、私たちまで巻き込まないでって言いたいのは確かです。
だって、普段テレビで見ていると、ほんとイケメンだし、演技もうまいから、好感度高いんですよね、結構。
それが、彼女の編集した向井理画像集を見ると、急激に下がっちゃうんです。
あれだけ飛び飛びの画像じゃ仕方がないですよね、どんないい男でも三枚目になっちゃいますよ。
なので、いつも彼女の家から帰って来たら、まずパソコンを立ち上げて、向井理さんの正当な画像の掲載されているブログやサイトで目直ししています。

向井理のファンクラブ

読了までの目安時間:約 4分

向井理って、結構いいかもって思ったら、ムカ理のファンクラブの事が気になり始めました。
もし、向井理のファンクラブがあるんだったら、入ってやってもいいかなぁ、なんて思ってね。
もともとそんな好きじゃなかったんですよ、ハチミツとクローバーも見てたし、ゲゲゲの女房も、時々母が見てるのを横目で除いてました。
ただ、この間まで放送していたホタルノヒカリで、向井理はこんな役柄も出来るんだぁって思ったら、うん、割と委員じゃないのって感じになって来たんですよね。
もともとルックス的には申し分なかったんだけど、どこか完璧すぎるインテリっぽいところが苦手だったの。
だけど、ホタルノヒカリの中での綾瀬はるかと向井理のやり取りは、結構茶目っ気たっぷりで、今までの、ただ出来るだけの男っていうイメージは変わりました。
最初が良くなかったんだよね、多分、のだめカンタービレの時のあのプレイボーイぶりがどうも・・・。
勿論、演技だっていう事は解っていても、余りにもイケメン過ぎる向井理のあの言動は、ちょっと好感度低かった、私にはね。
向井理は今これだけテレビや映画で活躍してるんだもん、当然、向井理ファンクラブっていうのもあるでしょう。
自分でやっている向井理公式ブログだって、すごい読者数誇ってるみたいだし。
と思ったら、どうやらこれがないらしいという事が判明、思い切りビックリです。
まあもっとも、どこかのお嬢様が勝手にお作りになっている向井理ファンクラブらしきページというのは、いくつかネット上にあるようですけどね。
ただ、そんなの正規のファンクラブじゃないし、ただ単に、個人のブログに過ぎません。
向井理のブログは読むけど、別にそういうマニアックなファンのブログは読みたいとは思いませんね。
だって、熱烈なファンって、結構独占欲が強いっていうか、もう殆ど自分の世界で芸能人を動かしちゃってる部分ってよくあるじゃないですか。
勿論、向井理のファンの中に、そういう人がいるって決めつけてる訳じゃないですよ。
ただ、あれだけのイケメン俳優相手ですからね、もしかしたら、一人や二人はいるかも知れないでしょう。
事実、これは向井理じゃなくて、SMAPのあるメンバーの熱狂的なファンだったんだけど、とんでもないファンブログを書いている人がいたんですよ。
向井理のファンだという日とのブログはいくつか読んだけど、まだそこまで向井理を自分の物に仕切っている日とはいなくて、ちょっとホッとしました。
だって、いくら好きでも向井理を自分の心の中のおもちゃにするのはよくないですもんね。
というか、本当のファンだったら、そういう事は考えられないんじゃないかと思います。
向井理のファンになるのと、彼に恋愛するのは全くの別物だから、やっぱけじめある応援の仕方をしたいものですよね。
もう結構大人の俳優さんだから、ファンも大人の女性が多いのではないだろうかと思います。
なので、1日も早く向井理のファンクラブが出来てくれたらいいなぁっと願っています。
それまでは、ブログやサイトで情報収拾するしかないみたいですね。
という事で、向井理の話題が載っているブログやサイトはすぐにチェックしちゃっている今日この頃です。

向井理の最新CM

読了までの目安時間:約 4分

向井理さんと言えば、花王の入浴剤バブのテレビCMを思い出しがちですが、この秋からは、ブルボンのチョコレートのCMキャラクターも向井理さんになったんですよね。
ブルボンの人気商品、アルフォートミニっていうチョコレートで、映画BECKの主人公水嶋ヒロさんから、同じBECKの共演者、向井理さんへのバトンタッチです。
やがて、映画やテレビドラマの中での立場も逆転して行くのでしょうか。
確かに今、向井理さんは乗りに乗ってる俳優の1人で、NHKの朝の連ドラや来年の大河ドラマでの活躍を考えると、益々CMの契約は増えそうですね。
こちらのブルボンのチョコレートのテレビCMの中で向井理さんが扮するのは、どこかの大学の准教授。
アルフォートというチョコレートの名前の由来や商品のデザインなどを謎として追求していくという設定。
その解明に没頭してヒートアップしている向井理さんの演技が一番の見どころとの事ですよ。
因みに、バックで流れている音楽は、昨年アメリカのヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝し、一躍有名となった盲目のピアニスト辻井伸行さんの演奏です。
「水の戯れという曲なんだけど、その旋律が、向井理さんの真剣な表情にすごくよくフィットしています。
向井理さんは現在28歳、デビューしたのが24歳の時ですから、どちらかというと、向井理さんの芸能界入りは遅い方ですよね。
そのお陰で、向井理さんには、いろいろな過去の経験というのがあります。
例えば、デビュー前はバーテンダーとして夜の盛り場で働いていたらしく、アルコールの調合と合わせて、料理の腕前も中々のものだとか・・・。
そして、学生時代の向井理さんは、農学部で生命化学を専攻し、鶏の遺伝子に関する研究に没頭していたそうですよ。
なんと、その彼の研究は、2004年の第29回 国際動物遺伝学会議で、「ベストポスターアワード」を受賞しているんです。
だから、今回のブルボンのCMで、学者に扮している向井理さんの姿は、ある意味演技じゃないっていう訳。
どうりで、普段から、知的な役柄っていうか、出来る男の役が似合う訳ですね。
本来、こちらの向井理さん主演のアルフォートミニチョコレートのコマーシャルは、9月中頃から放送される予定でした。
ところが、今年はとんでもない猛暑でしたからね、チョコレートのCMなんて出来る状態ではありませんでしたよね。
なので、北海道以外の地域では、この向井理さんの新CMも、少々オンエアーが遅れたようですが、今はもうテレビでもネットでも見る事が出来ます。
向井理さんといえば、今やテレビのドラマやCMで引っ張りだこですが、向井理さんは、デビューしてもういきなりテレビCMに出ていたようですね。
向井理さんのCMデビューとなった作品は、コカコーラの「ミニッツメイド」で、同じ年の吉野家の牛丼祭のCMにも出演しています。
その後も、スバルのIMPREZAやカルビーの堅あげポテトのCMに出演、ハウスメイトのテレビコマーシャルでは、杏さんと共演していますよね。
そして、そんな向井理さんの最新のCMが、ブルボンのアルフォートミニという訳です。
これは、あくまでも私の個人的な感想なのですが、今までで一番フィットしているような気がします。
という事で、向井理さんのこちらのCM情報、気になる方は、是非、エンタメ関連のブログやサイトをチェックですよ。

向井理の出演映画

読了までの目安時間:約 4分

向井理さんと言えばテレビドラマっていうイメージが強くて、向井理さんの映画って、あまりピンと来ないんですよね、私。
まあ最近、BECKに出ているっていう事で、テレビなんかで水嶋ヒロさん等と一緒に映画の宣伝をしている向井理さんは何度か見たんですけどね。
ただ、ドラマだったらゲゲゲの女房とかホタルノヒカリとかに出てたから、すぐにイメージが湧いて来ます。
そんな向井理さん、実は石原慎太郎が手がけた話題作「俺は、君のためにこそ死ににいく」にも出ていたらしいんだけど、全然気が付きませんでした。
鹿児島にあった治乱特攻隊キチを舞台にした映画で、WOWOWで放送されて時にみたんですけどね。
向井理さんは若い兵士の1人として出ていたのでしょうか、残念ながら記憶にありません。
まあ、余りにも長い映画で、重苦しい作品でもあったから、ちょっと途中でチャンネルを変えちゃった時が何度かあったんですよね。
だから、もしかしたらその間に向井理さんが出てたのかなぁっとも思っています。
向井理さんの映画といえば、もう一つ、「ガチ☆ボーイ」の中での向井理さんのイメージも同様で、作品は見たんだけど、殆ど記憶にないんです。
大学のプロレス研究会を舞台にした映画で、この撮影の時、向井理さんは謝って肋骨2本を折るケガをしていたのだそうですね。
プロレスシーンのリハーサル中の事故だったようですが、本人が周囲に隠していたため、撮影はそのまま何事もなかったかのように続行されたと言います。
ただし、ハナミズキの中の向井理さんだけは、しっかりと覚えています。
あの映画は、ほんの一月ほど前にたまたま劇場でみたから、余計に印象が強かったのかも知れません。
別に、だからと言って、向井理さんの演技が特別良かったとかっていう訳じゃないけど、スクリーン上の顔ははっきりと記憶しているんです。
あれは、ちょうど仕事中に空き時間が出来てね、どこかで暇つぶしをするのに、映画館なら涼しいじゃないですか。
それに、あの監督の作品は前にも見た事があって、すごく良かったから、向井理さんが出ている事など、全く知らずに映画館に飛び込んだんですよね。
今思い出しても涙が出て来ますよねぇ、ハナミズキのクライマックス。
で、何気なく見てたら向井理さんも出ていて、あっ、彼も出てたんだって思ったのを覚えて居ます。
向井理さんはとっても真面目な日とらしく、向井理さん自身が書いているブログの中で、「歸國」というドラマの撮影の前に靖国神社を参拝した事を明かしていました。
確かにこれは終戦ドラマスペシャルとして制作された作品だけど、その前に向井理さんが出ていた映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」だって戦争映画ですよね。
それに、同じく多極の終戦記念スペシャル作品「霧の火 樺太・真岡郵便局に散った九人の乙女たち」というドラマにも出演していました。
なのに、どうして向井理さんは、「歸國」の撮影前だけ靖国神社を参拝したのでしょうか。
もしかして、靖国神社でのロケが予定されていたから、祟りでも恐れたのかなぁ。
まあ、そんな事はどうでもいいんだけど、今、向井理さんが出演している映画BECKが公開されていますよね。
友達が一緒に見に行こう行こうって煩いんですよ、毎日のようにメールして来るんです。
だから、ちょっと向井理さんの映画の中でのイメージが気になって、ブログやサイトを検索したりしながら、返事の仕方を考えている今日この頃です。

向井理の出演ドラマ

読了までの目安時間:約 4分

向井理さんって、確かにイケメンだとは思うけど、最近、中高年の間でも知名度を上げてて、向井理ファンのおば様族っていうのも結構増えているんだそうですね。
もしかして、ペ・ヨンジュンがヨン様だから、向井理ならオサ様なんて相性が流行るのかしら。
それとも、ムカ様、どっちにしても、今イチ、パッとしないような気がするのは私だけでしょうか。
向井理さんが中高年の間で有名になったのは、やっぱ朝の連ドラに出演したからに他ならないでしょうね。
ほら、ついこの間まで放送していたNHKの朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」。
あの中で、ゲゲゲの鬼太郎の作者である漫画家の水木しげるを演じていたのこそが向井理さんです。
まあもっとも、あのドラマは水木しげるさんの奥様が広いんですから、旦那は脇役。
とは言え、向井理さんの出番が主人公を演じた松下奈緒さんに負けず劣らず多かったのは間違いありません。
きっと、画面であのイケメンぶりを初めて見て、ファンになった女性も多かったんでしょうね。
韓流ブームが物語るように、近頃のおば様は、みんな超面喰いだから・・・。
因みに、残念ながら私は、特別向井理ファンという訳ではありませんので、あしからず。
向井理さん本人が更新している向井理オフィシャルブログも、中々の人気なのだそうですね。
やっぱ、最近向井理ファンになったばかりのおば様族が、一生懸命チェックしているのでしょうか。
慣れないパソコンと悪戦苦闘しながら、インターネットで検索、な~んてね。
まあ、あのブログのトップページには、向井理さんの出演作品の情報が満載ですからね。
当然のごとく、向井理ファンなら見逃せないでしょう。
多分、ちょっと前までは、「ゲゲゲの女房」や「ホタルノヒカリ2」、それに、映画「BECK」の話題が沢山載っていた事だろうと思います。
そして、これからは、来年向井理さんが初めてチャレンジする大河ドラマ江~姫たちの戦国~」の話題が主流になっていく事だろうと思います。
そう言えば、主演の上野樹里さんとの共演は、のだめカンタービレ以来じゃないのかなぁ。
あの時の向井理さんは、思い切り出来るプレイボーイだったけど、さてさて、今度の大河ドラマでは、どんな戦国武将を演じるのか、とても楽しみですね。
個人的には、時任三郎さんの演じる浅井長政や岸谷五朗さんの演じる豊臣秀吉、市村正親さん演じる明智光秀の方が楽しみな部分も多いんですけどね。
とは言え、向井理さんが初めて見せるちょんまげ姿には期待していますよ。
向井理さんの顔を最近特にテレビなどでよく見掛けるようになったのは、向井理さんの出演している映画「BECK」が公開された事もあると思います。
それこそあの映画は、主演の水嶋ヒロさんを筆頭に、佐藤健さん、桐谷健太さん、中村蒼さん、そして向井理さんと、よくぞこれだけと言う位、イケメンを揃えています。
という事で、公開初日からいきなり観客動員数ランキングナンバーワンに輝いたそうですね。
でも、水嶋ヒロさんや砂糖健さん、それに向井理さんは、ドラマ「メイちゃんの執事」でも共演してましたよね。
エンタメ関連の話題は特別関心ある訳ではないんだけど、連ドラは結構見てるんですよ。
だから、向井理さんの顔はよく見ているんだけど、案外プロフィールとかは知らないから、一度ブログやサイトで調べておかないと、おば様たちに取り残されちゃいそうですね。

向井理とは

読了までの目安時間:約 4分

向井理さんの事なんだけど、この字3文字だけを見たら、皆さんはなんて読まれますか。
いやね、この間、4年生になるうちの甥っ子が、たまたま私が開いていた向井理さんの公式ブログのページを見て、ムカイリってなあにって聞いて来たんですよ。
思わず吹き出しちゃったけど、確かに、ムカイリ、読めますよね。
これはね、向井理っていう人の名前、ムカイリじゃなくて、ムカイオサムって読むんだよ。
と言ったら、ふーん、ムカイリって、なんか変な名前って笑って真下。
だ・か・ら、感じでは向井理って書いてあるけど、ムカイリとは読まないの、ムカイオサムって読むの、と一生懸命教えました。
まあ、実にバカバカしいエピソードではありますが、子供って面白いですよね。
そしたら今度は、向井理ってどんな日とって聞いて来るものだから、ちょうど録画してあった「ホタルノヒカリ2」の最終回のビデオを見せて、これ、この人よ。
と教えると、"へえ、結構カッコいいじゃん、おばちゃん、好きなんだ!"なんて言うんですよ。
まあ嫌いじゃないけど、別に超向井理ファンっていう訳でもありませんし、とにもかくにも、子供の扱いは大変だなぁっと痛感させられました。
向井理さんは、自身が書いている向井理公式ブログも持っていて、ファンじゃないけど、何となく時々読んでるんですよ。
向井理さんのブログは、割と普通っぽいところが気に入ってます。
ルックス的にも勿論悪くはない、というか、あれをイケメンだと思わない女性は少ないのではないでしょうか。
私は見てなかったけど、つい最近まで放送していたNHKの朝の連続ドラマ「ゲゲゲの女房」に、漫画家の水木しげる役で出てましたよね。
そう言えば、来年のNHKの大河ドラマのキャストの中にも、向井理っていう名前があったと思います。
わりと、年齢を問わず好かれる雰囲気を持っているから、NHKでも使いやすいんでしょうね。
でも、イケメンだけど、向井理さんはジャニーズではありません。
宮地真緒さんや吉井令さん、磯山さやかさん等と同じホリプロの子会社「ホリエージェンシー」の所属です。
どうやら同じ事務所には、向井理さんの他にも男性タレントは数人いるようですが、当然、その中では一番の売れっ子です。
今公開されている水嶋ヒロさん主演のバンドマンの映画「BECK」にも出演しています。
向井理さんは、メガネを掛けてドラマや映画に出ている事がよくありますが、視力は2.0と、めちゃくちゃいいそうです。
向井理ファンデもない私が、こんなに一杯向井理さんの事を勝手に書いてすいません。
正真正銘の向井理さんファンの女性たちに怒られちゃいそうですね。
でもマジ、嫌いなタイプじゃないですから、一応私としても・・・。
のだめカンタービレで初めて向井理さんを見た時は、正直好感度低かったけど、その後は急上昇です。
実は、an・anに掲載されていたオールヌードもしっかり見ちゃいましたしね。
されど、小学校4年生の男の子が向井理さんの事を詳しく知っていたら、逆にビックリしちゃいますよね。
だって、ほら、余りゴールデンタイムのバラエティー番組には出演しない人だから・・・。
最後に、私はいろんな日とのブログやサイトを読むのが好きで、結構よくネットサーフィンするんだけど、その時、割と良く向井理さんの名前は目にします。
やっぱ今、人気があるのは間違いないみたいなので、もし、甥っ子のように、ムカイリなんて読んじゃった方は、少し知っておかれてもいいんじゃないかと思います。
顔は知っていても名前は知らないっていう日とも多いですし、向井理さんもそういう一人ではないかと思いますからね。

向井理のプロフィール紹介

読了までの目安時間:約 4分

向井理さん、俳優の向井理さんの事ですが、今めっちゃ売れてますよね。
という事で、私も最近、向井理さんって、結構いいなぁっと思い始めています。
今公開中の映画「BECK」も行きたかったんだけど、お金と時間がなくて、早くレンタルDVDが出ないかなぁっと思っています。
そこで今日は、そんな向井理さんのプロフィールをちょっとだけ紹介したいと思います。
結構過去がいろいろあって、ちょっと異色っていうか、面白いんですよね。
向井理さんは産まれも育ちも横浜で、地元の県立高校に通っていたバリバリの浜っ子です。
長年サッカーをやっていて、ポジションはデフェンス、言うまでもなく横浜F・マリノスの大ファンだそうです。
向井理さんは、慎重182センチで体重67キロのナイスバディーだから、きっとサッカー選手になっていても、すっごくカッコよかった事でしょうね。
もしワールドカップにでも出場する事になれば、日本中から黄色い声援が飛び交うだろうと想像出来ます。
そんな向井理さんは、東京の明治大学に進学したのですが、入ったのはなんと農学部。
生命化学を専攻し、鶏の遺伝子について日々研究を重ねていたそうですよ。
ちょっと、いえいえ、どうも似合わないような気がしますが、それでも向井理さんの研究は、国際動物遺伝学会議の「ベストポスターアワード」を受賞しているそうです。
向井理さんは、お酒が大好きで、学生時代の向井理さんは、バーテンダーとして夜の盛り場でアルバイトしていました。
その後、大学を卒業した向井理さんは、正式にバーテンダーとしての道を歩む事を決意。
学生時代の経験があったお陰で、若くして店長を務める位にまでなったそうです。
そんな折、現在のマネージャーが努めていたバーまでわざわざスカウトに訪れ、俳優向井理の誕生と相成りました。
たまたま表参道でイケメンとして取材を受け、その写真が「Tokyo graffiti」という雑誌に掲載されたのがきっかけだったそうですよ。
だから、現在28歳の向井理さんがデビューしたのは2006年の事で、完全に遅咲きの桜なんです。
だって、今やHey! Say! JUMPのように、10代前半からガンガン活躍しているタレントも少なくないですからね。
でも、向井理さんの経歴って、ほんとすごいというか、ちょっと面白いでしょう。
向井理さんが短期間でここまで人気を集める役者と慣れたのは、こんな向井理さんの持つ経歴が大きく物を言っているのではないかと思います。
勿論、向井理さんがカッコいいのもあるけど、それ以上に、これまでの人生経験が、中身のしっかりした役を作らせているのでしょう。
役者はやっぱり演技が出来てなんぼのものですから、彼のような俳優さんは、これから先、益々楽しみですよね。
事実、向井理さんは、今年の春のNHKの連続ドラマ、「ゲゲゲの女房」で主人公の夫で漫画家の水木しげるさん役を演じました。
そして、来年の大河ドラマでも、ヒロイン上野樹里さんの3人目の夫役を演じます。
向井理さんにとっては初の時代劇ですから、ちょんまげヘアーや着物姿が楽しみですね。
きっと、また新たなファンも増えるのではないかと思っています。
そんな、今乗りに乗ってる俳優向井理さんについて、もっと知りたいという方は、是非エンタメ関連のブログやサイトを検索してみて下さいね。