繰上げ返済

繰上げ返済の効果

2012年12月22日 23:40 | コメント(3) | トラックバック(0)

繰上げ返済には、期間短縮型と返済額軽減型の2種類の方法が用意されています。

繰上げ返済の効果は、それをすることで、その間の利息分を支払わなくていいということが挙げられます。

借入金3000万円で、返済期間25年、金利3%の返済方法の場合、約100万円を繰上げ返済すると、債務残高からその金額が差し引かれることになります。

そして、繰上げ返済して差し引いた残金から、ローン返済が開始されることになります。

このように、繰上げ返済をした時点から、それ以降の金額までを繰り上げて返済したことになり、結果、その間の分の利息の合計金額がカットされることになるのです。

結果的にその金額は、200万円を超えることになり、いかに繰上げ返済の効果が大きいかがよくわかるのです。

繰上げ返済の返済額軽減型では、元金そのものが減少するようになる方法です。

そして、それに伴って利息が減り、返済期間はそのままなので、毎月の返済額が減少する方法です。

繰上げ返済の返済予定表については、住宅ローン返済早見表ですぐに検索が可能です。

やはり、繰上げ返済をするには、色んな要素を考慮する必要があるので、実際にどの程度の効果が得られるのかをよく吟味する必要があります。

実際にどれくらい効果があるのかをシュミレーションで繰上げ返済するといいでしょう。

そうして実際の効果が実感できれば、家計をやりくりしてでも、繰上げ返済をすることで得をしたいという意欲が湧いてくるものです。

繰上げ返済をする場合は、同じ返済額ならできるだけ早い方が大きな効果があります。

借入金3000万円で、ローン開始から1年後か5年後に100万円を繰上げ返済することを考えた場合、節約される利息額の差はかなり大きくなるのです。

期間短縮型では何と46万円、返済額軽減型では9万円もの差がでてくるのです。

繰上げ返済をする人が多いことから、少額から対応してくれる金融機関も最近では増えつつあります。

しかし一般的な繰上げ返済では、50万円から100万円程度のまとまったお金が必要とされています。

そうした繰上げ返済に対応するために、まとまったお金で資金運用をして、より一層利益を増えそうとする人もいますが、大きな危険も含んでいるので注意が必要です。

色々な金融商品がある中、運用するには、かなりの知識と経験が要求されるからです。

資金に余裕ができた時点で、繰上げ返済でローンの返済を減らすことを考えましょう。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

りそな銀行の繰上げ返済制度
繰上げ返済は、住宅ローンをする上で、非常に大きな役割を果たしているものです。
みずほ銀行の繰上げ返済制度
繰上げ返済は、住宅ローンを安くする上で非常に有効な手段であると言えます。
奨学金の繰上げ返済
繰上げ返済は、住宅ローンにとっては、切っても切り離せない関係にあります。
住宅ローンの繰上げ返済
繰上げ返済は、住宅ローンの返済方法の中で途中で利用する手段の1つです。
繰上げ返済の手数料
繰上げ返済をするには、大抵の場合、手数料がかかることになります。
繰上げ返済シミュレーション
繰上げ返済では、実際の返済期間の短縮効果や利息軽減効果を体験できるようにシミュレーションが用意されているので。有効に活用しましょう。
繰上げ返済のタイミング
繰上げ返済というのは、実際にいつすればいいのか、そのタイミングは重要です。
繰上げ返済の効果
繰上げ返済には、期間短縮型と返済額軽減型の2種類の方法が用意されています。
繰上げ返済の方法
繰上げ返済は、毎月の返済以外に、将来の返済予定分を、前倒しで返済することです。
繰上げ返済とは
繰上げ返済とは、ローンを支払っている最中に、返済を前倒しする方法になります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://bestecs.com/mt/mt-tb.cgi/256

コメント(3)

1ィ、xa7ィ、。

..タッ..タッ..タッ..タッ..タッ..タッ..タッ..タッetc/passwd

タョタョタッタョタョタッタョタョタッタョタョタッタョタョタッタョタョタッタョタョタッタョタョタッwindowsタッwin.ini

コメントする

月別アーカイブ