繰上げ返済

繰上げ返済シミュレーション

2012年12月24日 23:42 | コメント(0) | トラックバック(0)

繰上げ返済では、実際の返済期間の短縮効果や利息軽減効果を体験できるようにシミュレーションが用意されているので。有効に活用しましょう。

住宅ローンの返済期間中に、ある程度まとまったお金を返す行為を繰上げ返済と言います。

実は、繰上げ返済の効果というのは思いのほか高く、メリットも大きいのです。

住宅ローンの解説書には繰上げ返済と言う言葉が必ず明記されているので、その仕組みを積極的に利用するといいでしょう。

まとめて返済できるチャンスがあれば繰上げ返済を有効に活用しましょう。

繰上げ返済をしたことで得られる効果は、元金の返済に充当されることから、その分の利息を減らすことができることです。

最初に返済し始めた頃は、利息の支払いも大きいので、それだけ繰上げ返済の効果も大きいと言えます。

繰上げ返済のメリットとして、場合によっては繰り上げた金額より沢山の利息をカットできることもあります。

3500万円の住宅を買う場合、自己資金が800万円で、2700万円を借り入れたと仮定すると、30年返済で借りた場合、毎月の返済額は、約11万円になります。

繰上げ返済シミュレーションはこうした試算をする時にとても便利です。

30年間の総返済額は、約4097万円になり、自己資金300万円は残して、頭金500万円で3000万円をローンで借りると、毎月返済額は約12万円に上がります。

このように、繰上げ返済のシミュレーションでは、簡単に計算することが可能です。

繰上げ返済には、返済期間を短くする返済期間短縮型と毎月の返済額を軽減する返済額軽減型の2種類があります。

総返済額が減少に効果があるのは、繰上げ返済の返済期間短縮型の方になります。

返済期間短縮型を繰上げ返済のシミュレーションで試すと、300万円の繰り上げ返済で、返済期間が約4年カットされ、総返済額が3895万に下がるのです。

300万円を頭金で払う場合より、約200万円も得になるので、繰上げ返済のシミュレーションはとても役に立ちます。

期間短縮型と返済額軽減型の繰上げ返済のシミュレーションを実施して、その結果から、自分の貯蓄を遂行し、計画的な繰上げ返済を実行していきましょう。

住宅ローンの繰上げ返済シミュレーションでは、長期に渡って行う場合が多く、とても重宝できる機能になっています。

繰上げ返済シミュレーションには、新規借入シミュレーション、借り換えシミュレーションなどの項目に分けて行うことも可能で、とても便利です。

住宅ローン繰上げ返済のシミュレーションは、住宅を取り扱う銀行のWEBサイトでもできるようになっているので、気軽に試すことができます。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

りそな銀行の繰上げ返済制度
繰上げ返済は、住宅ローンをする上で、非常に大きな役割を果たしているものです。
みずほ銀行の繰上げ返済制度
繰上げ返済は、住宅ローンを安くする上で非常に有効な手段であると言えます。
奨学金の繰上げ返済
繰上げ返済は、住宅ローンにとっては、切っても切り離せない関係にあります。
住宅ローンの繰上げ返済
繰上げ返済は、住宅ローンの返済方法の中で途中で利用する手段の1つです。
繰上げ返済の手数料
繰上げ返済をするには、大抵の場合、手数料がかかることになります。
繰上げ返済シミュレーション
繰上げ返済では、実際の返済期間の短縮効果や利息軽減効果を体験できるようにシミュレーションが用意されているので。有効に活用しましょう。
繰上げ返済のタイミング
繰上げ返済というのは、実際にいつすればいいのか、そのタイミングは重要です。
繰上げ返済の効果
繰上げ返済には、期間短縮型と返済額軽減型の2種類の方法が用意されています。
繰上げ返済の方法
繰上げ返済は、毎月の返済以外に、将来の返済予定分を、前倒しで返済することです。
繰上げ返済とは
繰上げ返済とは、ローンを支払っている最中に、返済を前倒しする方法になります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://bestecs.com/mt/mt-tb.cgi/258

コメントする

月別アーカイブ