繰上げ返済

繰上げ返済の手数料

2012年12月25日 23:44 | コメント(0) | トラックバック(0)

繰上げ返済をするには、大抵の場合、手数料がかかることになります。

繰上げ返済の手数料については、返済金額によってその額に差がある場合があります。

そして繰上げ返済ができる金額に制限を設けている場合があるので注意が必要です。

銀行などのローンについては、その会社によって繰上げ返済の手数料が違うので、色んな会社にあたって、じっくりと検討してチェックすることをおすすめします。

何とかして有利に繰上げ返済をしたい人は、手数料が無料のものを選ぶか、あるいは、安く手数料が設定されているローン会社を選ぶと費用が節約できます。

返済額によっては、繰上げ返済の手数料に大きな差がでてくる場合もあります。

東京三菱銀行では、100万円未満の場合は手数料が5250円、100万円を超える場合は、3万1500円になっており、その差額は2万6250円とかなり大きくなっています。

こうした場合に繰上げ返済をする場合は、できるだけ100万円を超えないギリギリの範囲で行うといいでしょう。

繰上げ返済を行うには、色々な銀行を利用できるので、しっかりと検討しましょう。

三井住友銀行では、One's ダイレクトで繰上げ返済をすると、手数料が割引になる特典があるので、利用してみる価値はあります。

固定金利の場合なら、5250円、変動金利の場合は、2100円も節約することができます。

今や繰上げ返済の手数料は、住宅ローンを選ぶ時の重要なポイントと言ってもいいかもしれません。

月々の支払いの定期的な返済とは別に、途中で返済を行うことを繰上げ返済と言いますが、それをすることで、返済額に応じて5,250円~3万1,500円の手数料がかかります。

繰上げ返済の手数料が気になる人は、フラット35などの最初から手数料がかからない商品をおすすめします。

最近では、住宅ローンの顧客を獲得するために、多くの銀行が、繰上げ返済手数料を無料にする商品を提供しています。

最近では、ネットで申し込むと繰上げ返済手数料が無料になるというものもあります。

無料にはならなくても、ネットから繰上げ返済を申し込むことで、手数料が割引される金融機関も登場してきています。

その繰上げ返済手数料の割引制度を実施しているのが、三菱東京UFJ銀行です。

ネットで申し込むと、変動金利の場合は2,100円、固定金利の場合は100万円未満で4,200円、100万円以上が1万円と、繰上げ返済手数料が安くなります。

住宅ローンを借りる人の中には、繰上げ返済をあらかじめ考えている人も多いです。

その時に悩むのが、金利差と繰上げ返済手数料の差で、どっちを優先すべきか、ということが問題になります。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

りそな銀行の繰上げ返済制度
繰上げ返済は、住宅ローンをする上で、非常に大きな役割を果たしているものです。
みずほ銀行の繰上げ返済制度
繰上げ返済は、住宅ローンを安くする上で非常に有効な手段であると言えます。
奨学金の繰上げ返済
繰上げ返済は、住宅ローンにとっては、切っても切り離せない関係にあります。
住宅ローンの繰上げ返済
繰上げ返済は、住宅ローンの返済方法の中で途中で利用する手段の1つです。
繰上げ返済の手数料
繰上げ返済をするには、大抵の場合、手数料がかかることになります。
繰上げ返済シミュレーション
繰上げ返済では、実際の返済期間の短縮効果や利息軽減効果を体験できるようにシミュレーションが用意されているので。有効に活用しましょう。
繰上げ返済のタイミング
繰上げ返済というのは、実際にいつすればいいのか、そのタイミングは重要です。
繰上げ返済の効果
繰上げ返済には、期間短縮型と返済額軽減型の2種類の方法が用意されています。
繰上げ返済の方法
繰上げ返済は、毎月の返済以外に、将来の返済予定分を、前倒しで返済することです。
繰上げ返済とは
繰上げ返済とは、ローンを支払っている最中に、返済を前倒しする方法になります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://bestecs.com/mt/mt-tb.cgi/259

コメントする

月別アーカイブ