繰上げ返済

奨学金の繰上げ返済

2012年12月27日 23:47 | コメント(0) | トラックバック(0)

繰上げ返済は、住宅ローンにとっては、切っても切り離せない関係にあります。

返済額を下げるために、まとまったお金が入ったときに、住宅ローンを前倒しで支払うのが繰上げ返済の方法で、多くの人がその方法を利用しています。

毎月の負担額を少しでも減らしたり、あるいはその支払い期間を短縮できる効果があるので、繰上げ返済をすることで、大きなメリットが得られることになります。

まとまったお金を返済する繰上げ返済の方法は、毎月の返済額、あるいは総支払額を下げることができ、返済期間を短縮できるので、実際に負担をかなり軽減できます。

実際に繰上げ返済をする場合にはポイントがあり、金利の異なる住宅ローンを利用している時は、金利の高い住宅ローンから行うことです。

そして返済期間の長い住宅ローンの方から繰上げ返済をするのが賢明です。

住宅ローンの返済額というのは、元金と利子を合わせた合計額によって決定するのです。

繰上げ返済で効果を得るには、やはり元金を早めに返済することが重要です。

早めに返済することによって、利子を減らすことが可能になるからです。

そこで考えるのが、繰上げ返済と貯蓄をするのでは、どちらが有利かということです。

どちらが得になるかを考えると、金利が一般のものと比べて住宅ローンでは高くなっているので、高利率で資産運用している場合以外は、繰上げ返済をする方が得になります。

繰上げ返済をする場合、毎月の返済額を減額するか、期間を短縮するか、という選択を迫られるので、どちらかを考えておかなくてはなりません。

貯蓄を使って繰上げ返済をするわけなので、将来の計画をしっかりと考えておかなくてはなりません。

繰上げ返済は、手数料がかかり、1回の返済最低額が決められていることも注意が必必要で、事前に金融機関に確かめておくべきでしょう。

繰上げ返済では、日本育英会の奨学金を受けている人も多いと言われています。

日本育英会では、第一種奨学金と第二種奨学金の奨学金繰上げ返済があります。

この奨学金繰上げ返済を利用することで、返済額を少なくすることができます。

ただそれには注意が必要で、奨学金繰上げ返済は、最終返還日の4年前までに全額返還することで、10%が戻ってくるというものです。

要するに、奨学金繰上げ返済では、最後に返還した額の10%が戻ってくる制度なので、まとまった額を一気に返還したほうが得なシステムと言えます。

日本育英会では、第一種奨学金繰上げ返済は、最終返還期日の4年前までに返還残額を全て返還して、返還が終わった時に、報奨金を支払ってくれる、とあります。

すなわち、いつ返還しても10%が戻るわけではなく、期間を4年残して返済しないと意味がないので、奨学金繰上げ返済は注意が必要です。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

りそな銀行の繰上げ返済制度
繰上げ返済は、住宅ローンをする上で、非常に大きな役割を果たしているものです。
みずほ銀行の繰上げ返済制度
繰上げ返済は、住宅ローンを安くする上で非常に有効な手段であると言えます。
奨学金の繰上げ返済
繰上げ返済は、住宅ローンにとっては、切っても切り離せない関係にあります。
住宅ローンの繰上げ返済
繰上げ返済は、住宅ローンの返済方法の中で途中で利用する手段の1つです。
繰上げ返済の手数料
繰上げ返済をするには、大抵の場合、手数料がかかることになります。
繰上げ返済シミュレーション
繰上げ返済では、実際の返済期間の短縮効果や利息軽減効果を体験できるようにシミュレーションが用意されているので。有効に活用しましょう。
繰上げ返済のタイミング
繰上げ返済というのは、実際にいつすればいいのか、そのタイミングは重要です。
繰上げ返済の効果
繰上げ返済には、期間短縮型と返済額軽減型の2種類の方法が用意されています。
繰上げ返済の方法
繰上げ返済は、毎月の返済以外に、将来の返済予定分を、前倒しで返済することです。
繰上げ返済とは
繰上げ返済とは、ローンを支払っている最中に、返済を前倒しする方法になります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://bestecs.com/mt/mt-tb.cgi/261

コメントする

月別アーカイブ