ブログアクセスアップノウハウ(無料) » 繰上げ返済 » 住宅ローンの繰上げ返済

住宅ローンの繰上げ返済

読了までの目安時間:約 3分

繰上げ返済は、住宅ローンの返済方法の中で途中で利用する手段の1つです。
借入金の一部、もしくは全額を繰り上げて返済する返済方法が繰上げ返済なのです。
住宅ローンの返済は、借入金と利息部分を合わせたものを返していくことですが、繰上げ返済は、ある程度のまとまった金額を前倒しして返済していく方法です。
繰上げ返済の特徴は、最初に借り入れた元金部分に充当されることにあります。
もちろん、全額の繰上げ返済に関しては、債務がなくなりますが、一部分の繰上げ返済では、元金部分にその金額が充てられるので、利息が減少します。
住宅ローンの負担が軽減されることを実感できるのが、繰上げ返済が持つ効果です。


繰上げ返済は、期間短縮型と返済額軽減額型と呼ばれる2つの種類があります。
両方の型共に元金の返済に充てられる繰上げ返済になりますが、期間短縮型は、月々の返済額を変えずに返済期間だけを短縮する方法になります。
そして返済額軽減型は、返済期間を変えずに毎月の返済額を減らす方法になります。
どちらの型の繰上げ返済も、元金部分が減少することから、住宅ローンにかかる利息部分を節約することができます。
家計を圧迫しないものであれば、繰上げ返済というのは、積極的に利用して返済することをおすすめできるものです。
住宅ローンの金利には、変動金利型と固定金利型があり、変動金利の場合、最初は低く抑えられた金利が途中で大きく上昇する場合があり、繰上げ返済はそうした時に有効です。
繰上げ返済は、元金がなかなか減らずに、逆に元金が増え続けるよう事態を引き起こす変動金利のリスクを解消する大きな力を持っています。
金利上昇のリスクを抑える機能を繰上げ返済は持っているのです。
返済額が元金に充当されることが繰上げ返済の最大の特徴になりますが、これは、金利が上昇して利子の返済額が増加しても、直接元金を減らせることを示唆しています。
一般的に繰上げ返済をする時期は、早い方が有利であると言われていますが、固定金利の場合は、資金に余裕ができた場合でも、金利変動の時まで様子を見るべきです。
固定期間が終わったときに、よく見極めた上で、繰上げ返済をするといいでしょう。
その終了時の金利を見て、期間短縮型か返済額軽減型かを選択するのがベストです。
繰上げ返済の選択の仕方としては、金利見直し時にあまり変動がない時は、期間短縮型を選び、毎月の返済額が苦しい時は、返済額軽減型を選ぶのが賢明です。
住宅ローン減税については、繰上げ返済の期間短縮型を選んだ場合、返済期間と短縮後の期間を合わせて10年に満たない場合は、控除を受けられなくなるので要注意です。
住宅ローンの繰上げ返済は、慎重にタイミングを計って、賢く利用していきましょう。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: