ブログアクセスアップノウハウ(無料) » アーカイブ

Wコロンの受賞歴
Wコロンの受賞歴

読了までの目安時間:約 3分

Wコロンを知らないという方を探すのは、今ではもうかなり難しいのではないでしょうか。
テレビをつけてチャンネルをバラエティに回せば、一時期はかなりの確率でWコロンを見られました。
今は少し落ち着いてきた感はありますが、それでも機会があればWコロンが登場して笑いを誘っています。
さて、冒頭でWコロンの知名度はかなりのものと紹介しましたが、実はそうとも言い切れないかもしれません。
Wコロンと認識していない、という可能性が考えられます。
どういう事かというと、Wコロンとしての活躍よりもねづっち一人での活躍を目撃している方も多いでしょう。
そのため、ねづっちというキャラクターは知っていてもWコロンというお笑いコンビを知らないという現象が起きているようです。
やや災難なのが、Wコロンの相方である木曽さんちゅうがねづっちじゃない方として扱われている点ですね。
Wコロンを最近爆発的に注目され始めた事から、つい最近結成されたお笑いコンビのように思っている方がいるようです。
そこまで深い歴史がある訳でもありませんが、Wコロンの結成は2004年と以外にも少し歴史があります。
Wコロンが結成された2004から今まで注目されてこなかったという訳ではなく、実は華々しい受賞歴を持っています。
Wコロンの受賞歴は主に漫才新人大賞となりますが、過去に優秀賞を複数回受賞するという受賞歴を誇っています。
更に2014年の大会では特別賞を受賞しており、お笑いコンビとしてWコロンの受賞歴はかなりのものと言えるのではないでしょうか。
漫才新人大賞自体の注目度はあまり高くないように感じますが、これから様々な賞をもぎ取りWコロンの受賞歴を飾っていきそうです。
Wコロンはテレビ出演以外にも、ラジオやインターネットテレビなどで活動しています。
何かの媒体を通じてWコロンを見るのも面白いですが、せっかくなら肌で直に感じてみませんか。
Wコロンはお笑いコンビとしてライブや寄席も行っており、テレビとはまた違った魅力を感じられるのではないでしょうか。
テレビ出演は単発のものが多く、またWコロンというよりねづっち単体での出演が多く感じます。
Wコロンの出演する機会を逃さないためにも、情報は前もってチェックしておくことをお勧めします。
ブログやサイトを利用すれば、簡単にWコロンに関する情報を収集することが出来ます。

最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    メタ情報