ブログアクセスアップノウハウ(無料) » アーカイブ

池上彰の著書

読了までの目安時間:約 3分

池上彰といえば、NHKのこども向け番組のお父さん役「司会」として有名だと思いますが、皆さんはどうでしょう。
雑務をしながらでも、池上彰の解説するニュースの内容はスゥッと頭の中に入ってくるのです。
それほど池上彰の解説は自分になじみやすく、分かりやすいもので、とてもビックリしてしまった事を覚えています。
私はあまり政治などに興味のない人間でしたが、池上彰の解説を聞いていると、だんだんと興味がわいてきてしまうのです。
池上彰が関わった番組は、あの子供番組を観て以来いろいろとチェックをするようになるほど彼のファンとなってしまいました。
なにしろ池上彰が出てくる番組はとても面白く、彼の解説はどの番組でもとても優れているからです。
また池上彰が多くの著書を出版している事もインターネットで知る事ができたので、彼に関する本は買いあさりました。
私は池上彰の本を読み、本というジャンルの中でもここまで巧く分かり易く書く事が可能なものだろうかと感心してしまいました。
そして何よりもその本の中で池上彰という人物を深く、より詳しく理解する事ができたのは幸運でした。
多く読んでみた池上彰の著書の中で、私が彼のファンになり、彼にとても惹かれるのは何故かという答えを見つける事ができました。
池上彰はある本の中で、相手に理解して貰うためには、相手を信頼しなければならないと語っていたのです。
ようするに池上彰は、相手に理解してもらうために、自分を最大限に分かりやすく説明する努力をしていたのです。
ここで池上彰の解説がなぜこうも頭に入りやすく理解しやすいのかを完全に理解することができました。
インターネットでは池上彰の著書について書かれている事を説明してくれる方もいるようです。
池上彰の著書を買う前に、彼自身を分析している方のサイトやブログを参考にして、自分が彼に合うかどうかを調べてみてはいかがでしょう。
きっと池上彰という人物が好きになると思いますし、彼の放送や著書も楽しめる事になると私は思っています。
そもそも池上彰という人物について興味を持っていない方は私のサイトすら観ていないでしょうから、大きなお世話かもしれませんね。

最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    メタ情報